JAあいち豊田

  • JAあいち豊田について
  • 組合長コラム
  • 店舗・施設のご紹介
  • 組合員の加入・諸手続き
  • 組合員専用ページ
  • 緊急連絡先
  • ATM等のサービス一時休止
  • 『豊田・みよしの農のある風景』フォトコンテスト 結果発表
  • JA共済 全国小・中学生 書道・交通安全ポスターコンクールホームページ
  • 相続相談サービス
  • JAネットバンク
  • JA住宅ローン
  • JAマイカーローン
  • JAネットマイカーローン
  • JA葬祭 JAあいち豊田サービス
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAグループ

新着情報「Web壁新聞」

新着情報「Web壁新聞」

2017.08.08

梨を食べて負けなし!/グランパスに梨(幸水)を贈呈/JAあいち豊田みよし市果樹組合

JAあいち豊田みよし市果樹組合とみよし市は8月8日、豊田市保見町にある豊田スポーツセンターで、名古屋グランパスエイトに「みよしの梨」5箱60玉を贈呈した。

これは、同JAの管内が同チームのホームタウンであることから実現。みよし市の梨・ブドウ・柿をはじめとした特産物を盛り上げようと、同組合、同市、同クラブが連携し、三位一体で行ったもの。

0808_s贈呈式では、同組合の岩田芳信組合長らが、梨「幸水」を風間八宏監督と佐藤寿人選手に手渡した。岩田組合長は「梨を食べて負けなしで頑張ってください。今後の活躍を楽しみにしています」と激励した。練習後には、贈呈した新鮮な梨を選手たちが試食。選手たちは「みずみずしくておいしい。練習後にとてもいい」と話していた。

今後、8月12日に豊田スタジアムで行われるJ2リーグ第27節松本山雅FC戦でも、みよし市の特産品を知ってもらうため、梨・ぶどう・梨のソフトクリームなどを販売。また、8月15日の梨の品評会では、「グランパス賞」を設置し、クラブ管理栄養士が審査、選手が表彰を行う予定だ。

 

写真=風間監督(右)と佐藤選手(左)に梨を贈呈