JAあいち豊田

  • JAあいち豊田について
  • 組合長コラム
  • 店舗・施設のご紹介
  • 組合員の加入・諸手続き
  • 組合員専用ページ
  • 緊急連絡先
  • JA共済 全国小・中学生 書道・交通安全ポスターコンクールホームページ
  • 相続相談サービス
  • JA住宅ローン
  • JAマイカーローン
  • JAネットマイカーローン
  • JA葬祭 JAあいち豊田サービス

新着情報「Web壁新聞」

新着情報「Web壁新聞」

2018.07.31

生産資材の一括納入/組合員へ安定供給/JAあいち豊田

JAあいち豊田営農資材課は、高騰する生産資材を一括で大量に仕入れることで、資材価格の上昇をおさえる取り組みをしています。JA自己改革の一環として生産コストの引き下げを掲げ、資材価格の低減と低コストの生産技術の確立・普及により農業生産額と農家所得の向上を目指します。

この取り組みの1つに、多くの農家が使う黒マルチがあります。JAで取り扱う主要な規格の仕入価格は昨年に比べ120円から高いもので260円上がる見込みのため、これまでの価格を維持できる方法を模索しました。組合員に品質の高い生産資材を安価で提供するため、管内ホームセンターの価格調査を実施するとともに、複数の資材業者の見積もりを取り仕入れ先を選定しました。また、大量の黒マルチを保管できる倉庫を確保し、一括納品を検討。生産資材の配送費をおさえるため、7月と11月の2回に分けていた仕入れを、大型のトラックで7月に一括納品しました。

営農資材課の加川一路係長は「今後も資材価格の引き下げに努め、組合員への安定供給を継続したい」と話します。生産資材の大量仕入れは黒マルチ以外にも主要な肥料17品目でも実施し、今後も継続していきます。

0730生産資材の一括納入 組合員へ安定供給(1) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真=大量納入した黒マルチを搬入するJA職員