JAあいち豊田

  • JAあいち豊田について
  • 組合長コラム
  • 店舗・施設のご紹介
  • 組合員の加入・諸手続き
  • 組合員専用ページ
  • 緊急連絡先
  • JA共済 全国小・中学生 書道・交通安全ポスターコンクールホームページ
  • 相続相談サービス
  • JA住宅ローン
  • JAマイカーローン
  • JAネットマイカーローン
  • JA葬祭 JAあいち豊田サービス

新着情報「Web壁新聞」

新着情報「Web壁新聞」

2018.07.31

「JAと自己改革」「地域ふれあい活動」をテーマにセミナーを開催/JAあいち豊田ふれあい振興部中部地域

JAあいち豊田は4年前、組合員の運営参画により元気あふれる活動と新たなJAファンづくりの展開など、主体的に目的を持ったJA組織代表者で構成された地域ふれあい委員会を管内の9地域に設置し、組合員や地域住民とのさらなる信頼関係づくりのため、農業・JAを見て知って理解してもらう活動しています。

7月30日、管内の3地域を担当している、ふれあい振興部中部地域は豊田市松平志賀町にある松平営農センターで、JA自己改革の現状を認識してもらい「地域ふれあい活動」の意義の理解とさらなる取り組みの発展を目的に「中部地域ふれあい委員会セミナー」を開き、同委員会のメンバーやJA職員37人が参加しました。

この日は、政府主導農協改革とJA自己改革の違いなどをひとつずつ丁寧にパワーポーイントを使い説明。JA愛知中央会が制作したDVD「挑戦!自己改革」も上映しました。また、地域との交流を他のJAが行っている事例を交えて紹介。今後、JAがどのように取り組んでいくか考える機会としました。講師を務めたJA愛知中央会地域振興部の伴敬介審査役は「地域農業を守るには地域の人の農業への理解が必要です。つながりを大切に今後、地域をどうしていくべきか一緒に考えましょう」と話しました。

地域ふれあい委員会は地域ふれあいまつりや各種農業体験、地域だよりの発行などさまざまな活動を展開しています。今後も地域とJAをつなぐ橋渡しの役割を果たしていきます。

0730地域ふれあい委員会セミナー(1)

 

 

 

 

 

 

 

写真=JA自己改革を学ぶ委員会メンバーら