JAあいち豊田

  • JAあいち豊田について
  • 組合長コラム
  • 店舗・施設のご紹介
  • 組合員の加入・諸手続き
  • 組合員専用ページ
  • 緊急連絡先
  • JA共済小・中学生書道コンクール 入賞者
  • JA共済小・中学生ポスターコンクール 入賞者
  • 「わたしの好きな農作物」図画コンクール
  • 相続相談サービス
  • JAネットバンク
  • JA住宅ローン
  • JAマイカーローン
  • JAネットマイカーローン
  • JA葬祭 JAあいち豊田サービス
  • みんなのよい食プロジェクト

JAあいち豊田 猿投西瓜部会

JAあいち豊田 猿投西瓜部会

さなげのすいか

スイカ(祭ばやし777)について

スイカ(祭ばやし777)について

JAあいち豊田 猿投西瓜部会では、猿投地区の貝津町・上原町・亀首町・御船町で主に栽培されており、5月の終わりから7月の中頃まで名古屋、豊田市内へ出荷を行っています。
作付品種は「祭りばやし777」にこだわっており、ここではその理由をご紹介します。

理由① おいしい西瓜であること

「祭ばやし777」を試作したところ、出荷期間を通じて食味が抜群に優れ、品質も安定していたため、全量を切り替えて統一しました。シャリ間の強い肉質で、とても食べ応えがあります。当部会では品質管理を怠らぬよう、出荷日には必ず1玉カットをして糖度を検査しています。

理由② カット販売に適した品種である

西瓜の販売の中心は、かつての1個売りから、カット化・カップ化へ移行しています。
カット化・カップ化が求められる西瓜の品質とは、まさに内部品質であり、

  • 鮮紅色の果肉 (店内照明で映える)
  • 良く詰まった果肉 (空洞がないこと)
  • 堅くてしっかりした果肉 (切り口が切り立って新鮮に見える、種周辺の果肉が水浸状や粗粒状にならないこと)
  • 高糖度の信頼性

等です。「祭ばやし777」はこれらの特性も備えた、現在の販売消費に適した品種といえます。

 

さなげスイカ部会ニュース

0214_s
2017.02.14
スイカ育苗、順調に生長/スイカ育苗巡回指導/JAあいち豊田猿投西瓜部会

 

スイカ農家のご紹介

JAあいち豊田猿投西瓜部会
山田部会長あいさつ
私たち、JAあいち豊田猿投西瓜部会は現在6戸の農家からなる産地ですが、先人の高度な栽培技術を受け継ぎ、少数精鋭で、品質は一流の産地として、今後もブランドを守り抜いていきます。
JAあいち豊田猿投西瓜部会
  • 加藤さん
  • 池尻さん
  • 山田さん
  • 梅村さん
  • 宇佐美さん
  • 新谷さん
  • 一野さん
  • 早野さん