JAあいち豊田について

令和元年5月号 農協青年部が「トウモロコシ」リレー

2019.04.26

 青年部・次代の会の会員は今88人です。平均年齢39歳。

 彼らの経営品目は、コメ、麦、大豆経営が43人、野菜20人、果樹12人、花や鉢花が8人、お茶2人、畜産6人です。彼らの農場は平場の水田から市街地の畑、山麓地帯、条件不利の中山間地など、豊田・みよしの各地にまんべんなく広がっています。

 たくさんの品目があるので、活動の幅も広いです。地元の高校への出前授業、農業の研究会、地域イベントへの参加などです。

 地域イベントでは、農協が夏から秋にかけて各地で開催する「ふれあいまつり」に協賛して、盛り上げてくれています。お出かけの節は、ひと声かけてあげてください。

 

 齋藤健農林水産大臣との意見交換会(短時間)や、農協役員との意見交換会もありました。

 農協が初めて取り組んだ「婚活パーティー」には、会員を送り込むなどのご協力もいただきました。おかげさまで、6組のカップルが誕生しました。

 農業関連の器具、資材のメンテナンス講習会もありました。私も参加しましたが、プロの若者にとって興味深い、奥の深い企画でした。

 そのあとには、豊田商工会議所の青年部との大交流会もあり、盛り上がったそうです。

 令和元年のお楽しみ企画を紹介します。この6月から9月にかけて、青年部のメンバーで「トウモロコシの出荷リレー」を計画しています。

 

 南の地区から始まって、徐々に北に進み、中山間地へとリレー出荷です。もうトウモロコシの品種、種や苗の準備で、話が盛り上がっていました。中には、ポップコーンとして出荷予定もあるとか。

 

JA本店の産直プラザでスタートします。

どんなトウモロコシが食べられるのか、なんとも、今から楽しみですね。

 

 次代の会の新しい会長さんは、農事組合法人若竹の「牧 和範」さんに決まりました。新しい役員体制で・・・・・今年もガンバレ!!青年部!!