ニューストピックス

女性部員のためのJA短期大学開校/JAあいち豊田女性部よつば支部「あい愛カレッジ」/JAあいち豊田

2014.05.16

JAあいち豊田女性部よつば支部は5月16日、同JA西中山支店で女性部活動の一環である同JA短期大学「あい愛カレッジ」の開校式を行い、同支部の女性部員38人が出席した。

同カレッジは、毎年度同支部の部員らから参加者を募り開校。「暮らし、健康、地域づくり、趣味づくりなどを学び、ふれあいの輪を広げましょう」をキャッチフレーズに活動し今年は47人が参加している。この日は同支部の林日奈子支部長が開校にあたり「今年で15年目を迎える同活動。料理や運動を通じてますます交流を深めましょう」とあいさつした。

式後は、豊田市役所健康部地域保健課の髙野なおみ保健師が講師となって講演会「まちぐるみ心とからだの健康づくり」を開催。髙野氏は「健康に対する意識を高める」「仲間づくりや連携の機会を増やす」「健康につながる行動の実践と習慣化」を中心に、日ごろの生活を振り返り見直すことによって生活習慣を改め健康な体を作ろうと呼びかけた。今後「あい愛カレッジ」では、ウォーキングや料理教室、しめ縄作りなど来年2月の閉校式まであわせて8回の講義を予定している。

同JA女性部は8支部あり、約1400人が部員として登録している。同JAでは、女性部員を対象にした同カレッジのほかに、JA管内に暮らす20代~40代の女性を対象に女性大学「ぷちプリ」も3年前に開設。新たなJAファン層を開拓し仲間作りの輪を広げている。