ニューストピックス

前林チームが48チームの頂点に/JAあいち豊田年金友の会ゲートボール大会

2014.10.08

JAあいち豊田年金友の会は10月8日、豊田市白浜町にある白浜公園ゲートボール場で「第12回JAあいち豊田年金友の会ゲートボール大会」を開き、同JA管内各地区の予選を勝ち進んできた48チーム299人が出場し、熱戦を繰り広げた。

 この大会は、同会会員同士の親ぼくと健康の増進を図ることを目的に毎年開催しているもの。開会式では「げんき長寿賞」として今大会の中で90歳以上の参加者8人が表彰された。試合はまず3チームによるリーグ戦を行い、そこで勝ち抜いた16チームがトーナメント方式で優勝を目指した。各チームお互いに声を掛けあいながら白熱した試合を行った結果、堤下支部の前林チームが優勝した。参加した会員のひとりは「みんなで集まって体を動かす良い機会。他の支部の方とも交流ができるのでうれしい」と話していた。

 同会は同JAを窓口とする各種年金の受給者が会員となっている。41支部で構成され、32,188人(2014年3月31日現在)が登録している。会員の文化・趣味・娯楽・保健を通じて会員相互の親ぼくを高め、合わせて老人福祉の向上、明るい豊かな暮らしの構築を目的とする同会では、ゲートボール大会などの健康管理活動をはじめ、様々な活動に取り組んでいる。

大会の結果は、次の通り

▼優勝=前林チーム(堤下支部)▼準優勝=土橋六三会チーム(土橋支部)▼3位=配津柏寿会チーム(畝部支部)▼敢闘賞=駒場チーム(駒場支部)