ニューストピックス

女性大学「ぷちプリ」で米粉料理/JAあいち豊田ふれあい振興部

2014.10.09

JAあいち豊田ふれあい振興部は10月9日、みよし市三好町にある同JA三好体験・料理教室「あぐりん」で同JA女性大学(愛称「ぷちプリ」)の米粉を使った料理教室を開き、同大学の会員や同JA女性部員、JA職員など合わせて25人が参加した。

この日の講義では、同JA女性部にもパン作りを教えている、西山浩江さんを招き開いた。米の消費を上げようと家庭でも作れる地元産米粉を使ったパンや簡単マドレーヌ、牛乳プリンなど3品を互いに協力し合いながら、約2時間半かけて調理した。

パンは子どもにも喜んでもらおうと人気のキャラクター「アンパンマン」の顔をかたどり、生地をこねる際のコツなどの説明を熱心に聞いたり、カスタードクリームやあんを詰める作業や、チョコペンでそれぞれ思い思いの顔を書いたりなどした。

参加者の1人は「パンを作ったことも米粉を使ったこともなかったのでいい勉強になった。パン作りは家族でやりたい」と話していた。

「ぷちプリ」は、家事や子育てに忙しい日々を送っている同JA管内に暮らす20代~40代のママに「ちょこっとプリンセスな時間を過ごしてもらおう」と一昨年度から始めたもの。同大学では育児に忙しい会員らが参加しやすいよう保育士などの資格を持つ同JA女性部員が分担して講義時間中に無料の託児サービスを行っている。

今年度は料理教室や同JA管内の農産物見学ツアーなどなど多岐にわたる文化講座を12月までに合計8回行う予定で、11月に開く次回の講義では昨年も好評だった寄せ植え教室を行う予定だ。