ニューストピックス

グリーンセンター松平店がリニューアルオープン/JAあいち豊田生活部

2014.10.29

グリーンセンター松平店が10月29日、リニューアルオープンした。この日から6日間は、オープンセールを開催。生産者と消費者をつなぐ産直施設として、地元農産物の美味しさをPRするとともに、地産地消を推進する。

新店舗は、同敷地内にあった「Aコープ松平店」と統合し、売り場面積を拡大。野菜・花など生産者の顔が見える地元農産物が並ぶ産直コーナー、地元産米をその場で精米するコメ米コーナー、家庭菜園を楽しむ方向けの園芸用品コーナーなどの従来の品揃えのほか、利用者の声を反映し、惣菜や精肉なども取り扱う。

オープン初日は、食品や園芸用品を特別価格で販売したり、お米を特別割引で販売し、店内は大勢の利用者でにぎわった。店頭では同JA女性部員松平支部が先着200人に地元の特産品シイタケを使った豚汁を無料で振る舞い人気を集めていた。また、1,000円以上買い物をした人に同JA管内で栽培されているコシヒカリ・ミネアサヒ・大地の風をおいしくブレンドした「こめった米」(1キログラム入)を先着で500人に進呈した。同店の丸山隆昭店長は「オープンを待っていた組合員や地域の方の期待に応える店舗となるよう、安全・安心な農産物や商品を提供していきたい」と話していた。今後は、第2期工事で肥料・用土を販売する外売り場を整備し、来年2月中旬にグランドオープンする予定だ。