ニューストピックス

農業体験で収穫の喜び/ちゃぐりんキッズクラブ/JAあいち豊田女性部

2014.11.09

地域の親子が参加する農業体験「JAあいち豊田女性部ちゃぐりんキッズクラブ」は11月9日、豊田市上原町の約10アールの「ちゃぐりん畑」で今年度7回目となるカリキュラムを開いた。7家族21人が参加し、育てた野菜を収穫した。

同クラブは同JA女性部が掲げる食育活動を通じた地域貢献の一環で、同JA管内の親子を対象に同クラブの会員を募集し、農業体験と調理実習を通じて食と農の大切さと楽しさを学んでもらうもの。

この日は、同JA営農指導員がダイコンやハクサイなど収穫適期を説明。参加者らは、収穫の仕方を聞きながら、家族で大切に育ててきた秋冬野菜を丁寧に収穫した。また、参加者共有の畑で育てた緑色のダイコンやブロッコリーも合わせて収穫。子ども達は育てたダイコンやハクサイを手に、収穫の喜びを体験した。最後に、女性部員が育てたサツマイモで作ったふかしイモが参加者に配られ、実りの秋も満喫した。参加者の1人は「思った以上に収穫できた。自分で育てたものは格別。美味しく調理し家族で味わいたい」と話していた。同クラブは、12月7日の閉校式で今年度のカリキュラムは修了。来年度もこのような地域住民向けの農業体験を開く予定だ。

ちゃぐりんキッズクラブは子どもたちに食と農の大切さと楽しさを知ってもらおうと11年前に発足。今年は20家族が参加し年間8回のカリキュラムで野菜作りを楽しんでいる。