ニューストピックス

親睦の中にも優勝を目指して/会員がマレットゴルフで交流/JAあいち豊田年金友の会マレットゴルフ大会

2014.11.11

JAあいち豊田年金友の会は会員相互の親ぼくを深め、健康増進に努めようと11月11日、豊田市河合町にある河合池マレットゴルフ場で「第12回JAあいち豊田年金友の会マレットゴルフ大会」を開き、同会員121人が参加した。
 来賓の同JA小山克弘常務理事は「今日は日ごろの成果を十分に発揮し、また会員同士の親ぼくを深めていただきたい」とあいさつした。大会は参加者が31チームに分かれて同マレットゴルフ場全18ホールを回った。参加者らは互いに声をかけながらプレイを楽しんだ。参加者の1人は「日ごろの練習の成果が出せ楽しかった。来年も参加できるよう健康には十分に気を付けたい」と話していた。

マレットゴルフは、ゲートボールと18ホールのパターゴルフを組み合せた個人競技で、歩きながらのコミュニケーションと健康増進に役立ち、ここ数年ゲートボールに並んで人気が高まっている。同JA年金友の会はマレットゴルフ大会のほかに、ゲートボール大会やグラウンド・ゴルフ大会、親ぼく旅行などを行い会員同士の交流を図っている。

入賞者は、以下の通り(敬称略)
総合優勝 河口 清司(豊南支部)

男性の部

1位 河口 清司(豊南支部)

2位 大谷 浩敏(猿投支部)

3位 出口 博(土橋支部)

4位 稲葉 泰久(若林支部)

5位 国本 昌信(若林支部)

女性の部

1位 杉田 かづ子(堤下支部)

2位 都築 トクエ(若林支部)

3位 矢頭 美津子(上挙母支部)