ニューストピックス

ボランティア活動への感謝と活動の充実を目指し/病院ボランティア協力会交流会/JAあいち豊田助け合いの会

2014.12.08

JAあいち豊田助け合いの会「ふれあいの輪」の会員の中で、JA愛知厚生連の病院でボランティア活動する「病院ボランティア協力会」は12月8日、豊田市岩倉町にあるホテル「フォレスタヒルズ」で厚生病院ボランティア協力会員交流会を開いた。

これは、同会が会員同士の情報交換や親睦を深めるために毎年開いているもので、豊田厚生病院と足助病院の会員が合同で開くのは今回が初めて。会員・来賓等合わせて60人が参加した。

この日は同助け合いの会の鈴木美千代会長の開会挨拶で始まり、続いて来賓挨拶、豊田市社会福祉協議会大地裕介係長による乾杯で交流会兼会食となった。参加者はお互いに歓談しながら出された料理に舌鼓を打った。会食後はお楽しみ会としてビンゴゲームを行い親睦を深めた。来賓の同JA柴田文志代表理事組合長は「皆さんの活動を誇りに思う。その活動の精神は成長ではなく成熟を、弱肉強食ではなく共存を、競争ではなく助け合いを基調としたもので協同組合の精神に通じます」とあいさつした。

病院ボランティア協力会は、同JA管内にある2つのJA愛知厚生連の病院で現在63人が登録し車イスの介助や修理、庭園の草取りなどのボランティア活動をしている。