ニューストピックス

低カロリーで健康増進/地産地消ヘルシー料理教室/グリーンセンター松平店

2015.05.23

0523g_matudaira_ryourikyoushituJAあいち豊田生活部は5月23日、豊田市松平志賀町にある同JAグリーンセンター松平店で地産地消ヘルシー料理教室を開き、日ごろ同店を利用する地域住民ら7人が参加した。

同店は2014年10月のリニューアルオープンを機に、料理教室を店内に設置。調理方法の提案を通じて地元農産物の魅力を伝え地産地消を進めるため、店舗利用者を対象に料理教室を開いている。料理人や管理栄養士を講師に今年は10回を予定し、平日にはこだわりの料理を、休日にはヘルシー料理をとテーマを設けて開き、同JA職員らがサポートしている。

この日は、JAあいち経済連の管理栄養士、畑中みなみさんを講師に招き教室を開いた。参加者は、愛知県産の豚もも肉を使った「野菜と豚肉のグリル ごぼうのバルサミコ酢ソース」、地元産の水菜、アスパラガスなどを使った「初夏の野菜サラダ」などの3品を調理した。畑中さんは、カロリー数など栄養面からの話を交えながらレシピを紹介。参加者らは畑中さん指導のもと、協力して約1時間40分かけて料理を仕上げた。参加者の1人は「見た目は地味な料理だけれど、繊細でボリュームもあり、しかも低カロリーといいことずくめで驚いた。また参加していろいろ学びたい」と話していた。同部グリーン課の森下敏幸課長は「地産地消とか健康料理とかニーズの高い情報・イベントを発信することで「食」と「農」への関心を高めていきたい」と話していた。