ニューストピックス

親子で泥まみれになって田植え/コープあいち田植え体験/JAあいち豊田

2015.05.31

20150531coop_aichiJAあいち豊田は5月31日、米の生消提携を行っている生活協同組合コープあいちの組合員とその家族を招き、豊田市高岡町にある水田で手植えによる田植え体験を行った。

これは、消費者である同生協の組合員に米の産地や品種「大地の風」を知ってもらうとともに、農業の大切さや楽しさを感じてもらうことが目的。田植えから収穫までの米作りを体験するもので、同JAが地元の農業生産法人株式会社「中甲」や農事組合法人「若竹」と協力して毎年この時期に取り組んでいる。今年の田植えには、117人が参加した。

この日参加者は、同JA高岡営農センターの萩野重正センター長から植え方の説明を聞いたあと、約1時間かけてしるしの付いたヒモに沿って「大地の風」の苗を丁寧に植え付けた。参加した子どもの一人は「泥だらけになったけど楽しい」「お米を作るのって大変」などと話していた。田植え後参加者は、同市高岡農村環境改善センターで同JA女性部の部員が作った豚汁や漬物をおかずに「大地の風」で昼食を食べた。同JA農業振興部の神谷秀典部長は「大地の風はJAあいち豊田管内で作られており、給食でも使われている。またJAでは環境に優しい栽培を目指した「赤とんぼ米」にもと取り組んでいるので、ぜひ皆さんにも知ってもらいたい」と話していた。

田んぼの管理は「中甲」が行い、今後は、7月には生き物観察会を、10月には稲刈り体験を予定している。