ニューストピックス

バケツの中のちいさな田んぼ/浄水北小児童らバケツ稲づくり/豊田市立浄水北小学校

2015.06.17

0617jousuikitasho_baketuinasaku豊田市立浄水北小学校の5年生児童93人は6月17日、同校でバケツに稲の苗を植えるバケツ稲づくり体験を行った。これは、同校が米作り体験を通して児童たちに、食べ物を大事にする気持ちや作る人の苦労などを知ってもらいたいと、総合学習の一環として今回初めて行ったもの。

この日児童らは、JAあいち豊田猿投営農センターの村木恵輔さんから育苗の手順や苗の植え方などの説明を聞いた後、バケツ稲の苗植えに挑戦。土と肥料を入れたバケツに水を張り、米「大地の風」の苗をバケツに3カ所植え付けた。初めて田植えを体験した児童らは「稲の苗に初めて触れて、楽しかった」「農家の人の大変さがわかって勉強になった」などと話していた。

今後は、各自でバケツを観察しながら水管理や追肥をし、9月下旬から10月上旬には稲刈りをする予定だ。