ニューストピックス

良い酒米を目指し穂肥管理/夢山水栽培指導会&ほ場巡回/JAあいち豊田稲武営農センター

2015.07.03

0703sakamaiJAあいち豊田稲武営農センターは7月3日、山間高冷地専用の酒造好適米「夢山水」を栽培する豊田市中当町の4戸の農家のほ場を巡回した。病害虫の有無を確認したほか、今後の栽培管理を指導した。 

これは、稲の状態を確認して穂肥の時期・分量の目安をつけ、今後の管理を指導することを目的とし、幼穂形成期前のこの時期に毎年行っているもの。今年は4月に長雨が続いたが、5月に天候は回復し、ここまで生育は順調だ。

この日は、栽培農家をはじめ、愛知県豊田加茂農林水産事務所農業改良普及課・同JA職員合わせて6人が参加した。同農業改良普及課の井上勝弘専門員と同JAの職員が事前に稲の生育を調べた結果や今年の気象情報を元に今後の栽培管理を説明した。各農家のほ場も巡回し、葉色計を使って稲の色を測定し、色・1株の茎数・草丈などを確認し、農家と話しながら穂肥の時期・分量の目安を付けた。井上専門員は「今年は今までのところ順調に推移している。穂肥も例年通りでよいと思うが、今後は気候によってはいもち病やカメムシ被害の恐れもあるので早めの防除を心がけてほしい」と話していた。今後は、10アール当たりの収量480キログラム、玄米タンパク質7%以下、千粒重27グラムを目標に、穂肥の時期と分量を確定し各農家へ通知する。

豊田市稲武地区では、4戸の農家が約100アールで酒米「夢山水」を栽培をしている。9月上旬に収穫し地元酒造メーカーで日本酒に加工され、同米を栽培する同市稲武地区限定で販売される予定だ。