ニューストピックス

地元の夏野菜で料理教室/託児付きで参加しやすいと好評/JAあいち豊田女性大学「ぷちプリ」

2015.07.09

0709pichipuryi20代~40代の女性を対象としたJAあいち豊田女性大学(愛称「ぷちプリ」)は7月9日、みよし市三好町にある同JA三好体験・料理教室「あぐりん」で地元産野菜を使った料理教室を開いた。プランターを使った野菜作りや果物の栽培ほ場見学、料理教室など食と農を中心として講義を月に1回開いている同大学。講義内容によりJA女性部員が分担して講義中に無料の託児サービスがあり、小さな子どもを持つ女性でも参加しやすいと好評だ。

この日は、フランス料理のシェフ川合彰さんを講師に料理教室を開き、同大学の会員22人が参加した。ミニトマト・ピーマン・ナス・パプリカなどを使い、野菜の煮込み料理「ラタトゥイユ」とそれを使ったアレンジ料理を合わせて4品を調理。参加者は講師が話す下ごしらえや炒め方など、料理のポイントをメモを取りながら熱心に聴いた後、約2時間かけて料理を完成させた。調理中は、保育士などの資格を持つ女性部員7人が子どもの託児を担当。料理が出来ると子どもと一緒に試食した。参加者の1人は「子どもを見てくれているので安心して参加できる。切り方や温度など、野菜を美味しく食べるための調理方法は家庭でも試してみたい」と話していた。