ニューストピックス

地元食材で大豆サラダと米粉ピザ/上郷親子料理教室/JAあいち豊田女性部上郷支部

2015.08.06

0806oyako_ryouriJAあいち豊田女性部上郷支部は8月6日、豊田市畝部西町にあるAコープうねべ店で「親子料理教室」を開き、親子8組22人と同女性部員・同JA職員合せて32人が参加した。これは親子で調理を楽しみながら子どもたちに地元産の農産物に関心を持ってもらおうと同支部が同店やグリーンセンターうねべ店などにチラシを設置・募集したもの。

この日は、同JA生活指導課の伊藤梨江子生活指導員がレシピを準備。地産地消を広めようと地元上郷地区で取れた大豆を使ったサラダ、地元産の米粉を使ったピザなど4品目に挑戦した。参加者らは同支部の女性部員らから作り方の説明を受けた後、5班に分かれて調理を開始。女性部員らのサポートを受けながら親子で協力して2時間かけて作り上げた。試食会では、参加者と同支部の女性部員らが料理の出来栄えを話しながら楽しいひとときを過ごした。参加した女の子は「ピザの生地をこねるとき、ベタベタの生地がモチモチに変わってくるのが楽しかった」と話していた。同支部の長谷川清美支部長は「教室を開くのは準備を含めて大変だが、参加者に喜んでもらえるので、これからも続けて行きたい」と話していた。

同JA女性部は8支部あり、上郷支部は現在281人が部員として活動している。同JAと連携して料理教室や健康セミナー・カルチャー教室などを開き、部員相互の親ぼくと教養を高め社会的・経済的地位の向上を図っている。