ニューストピックス

JAの総合相談への取組み/「総合相談活動」キックオフ大会/JAあいち豊田

2015.08.11

0811sougo_soudanJAあいち豊田は8月11日、「総合相談活動キックオフ大会」を開き、支店の金融渉外担当者から任命された資産管理相談員37名が参加した。

この大会は、資産管理相談員が相談活動に取り組む意義と役割を共通認識するため開いた。

この日は、相続に必要となる知識を習得するため、JAまちづくり情報センター顧問税理士の柴原一氏を講師に招きJA相続税対策シートを用いた「相続相談対応のすすめ方」をテーマに約4時間の講演を行った。今後は、資産管理相談員のレベルアップのための情報交換や勉強会を定期開催するとともに、部門間連携による組合員向けのセミナーや個別相談を充実させていく。

同JAでは事前相談から相続が発生した時の手続きなどについて組合員目線で対応できる態勢を整え、支店を拠点として組合員の資産継承・相続などの相談に積極的に取り組み、組合員世帯から頼りにされる「総合相談活動」を展開していく。