ニューストピックス

盆踊りや夜店で夏まつりを盛り上げ/Aコープ若林店夏祭り「盆おどり大会」/Aコープ若林店

2012.07.19

豊田市若林西町にあるAコープ若林店は7月19日から4日間、「夏まつり」を行い、多くの特売商品や夜に行われる盆踊り・夜店を目当てにたくさんの来店者が訪れた。これは30年以上前から毎年この時期に行われる同Aコープの伝統行事で、地域に根ざした社会貢献活動の一環。

店内ではタイムサービスやAコープフレンド会員向けの特別割引商品など期間限定のサービス提供をはじめ、日ごろから安全・安心な商品を並べる同店に来店者は4日間で合わせて約6200人にのぼった。21日と22日の夜には恒例の盆おどり大会を実施。音楽に合わせ「若林民謡同好会」や「若竹の会」などの地元団体約30人がそろいの浴衣で「炭坑節」など6~7曲を繰り返し踊り、やぐらの上では地元「三河神明太鼓」が和太鼓演奏で祭りを盛り上げた。やぐら周辺には金魚すくいやかき氷などさまざまな夜店が並び、多くの浴衣姿の来店者や家族連れが楽しい時間を過ごしていた。JAあいち豊田の小山克弘常務理事は「JAでは絆作り、仲間作りにこれまで以上に力を入れ、皆さんに必要とされるJAを目指している。このように長年地域に愛されたイベント活動を今後も続けていけるよう努力したい」と話していた。