ニューストピックス

ぷちプリお出かけ交流会/JAあいち豊田女性大学「ぷちプリ」/JAあいち豊田ふれあい振興部

2015.08.28

0828puchipuriJAあいち豊田は8月28日、同JA女性大学(愛称「ぷちプリ」)の今年度の4回目の講座として、地元特産品のほ場やJAの選果施設を実際に訪れる「お出かけ交流会」を開き、21家族49人が参加した。

これは、同大学に参加する20~40代の女性に普段中々出来ないことや、行けないような場所を体験・見学してもらうことで地元農産物にもっと興味を持ってもらおうと行っているもの。

この日参加者らは豊田市前林町にある同JA前林カントリーエレベーターやみよし市三好町にある同JAグリーンステーション三好などを説明を受けながら2班に分かれて見学した。また、みよし市明知町にある同JAみよし市果樹組合梨部会の塚崎美昭さんの梨園では、梨のもぎ取りを体験し、出荷ピークの品種「豊水」を1人3つずつ収穫していった。参加者の1人は「普段行けないような場所に連れてきてもらい、とても楽しい。子どもも楽しんでいるので来てよかった」と話していた。

同JA女性大学(愛称「ぷちプリ」)は、20~40代の女性を対象とし、家事や子育てに忙しい日々を送っている方に「ちょこっとプリンセスな時間を過ごしてもらおう」と2012年に発足。食と農を中心とした講義が行われ、活動時間中は保育士の資格を持つ同JA女性部員らが分担して無料の託児サービスがあり、小さな子どもを持つ女性でも参加しやすいと好評を得ている。