ニューストピックス

3.025キログラムで池田武男さんの愛宕が優勝/第15回ジャンボ梨コンテスト/JAあいち豊田梨部会

2015.11.07

1107jumbo_nashiJAあいち豊田梨部会は11月7日、豊田市西町にある同JA本店で晩生品種「愛宕」の重量を競う「第15回ジャンボ梨コンテスト」を開き、21点が出品された。最高位の愛知県知事賞には同市猿投町の池田武男さん(58)が育てた重さ3.025キログラム、胴回り59.3センチメートルの愛宕が輝いた。池田さんは昨年に続き2回目の優勝となった。

会場には、同部会員から20点と地元の県立猿投農林高校の生徒が育てた1点の合わせて21点の愛宕が並んだ。審査は、同JAの職員らが担当。1点ずつ重さと胴回りを正確に計測していった。審査の結果、出品された中で唯一3キログラムを超えた池田さんの愛宕が優勝した。池田さんは「今年は愛宕の栽培が難しい年だったが、大きいものができてよかった。このコンテストで多くの人に豊田の梨を知ってもらいたい」と話していた。この日は、梨を使ったスイーツの試食会もあわせて開き、市内ホテルの料理人が調理し、会場で振る舞われた。コンテスト上位の愛宕は、同11日から豊田市役所で展示する予定だ。

同部会では32人が愛宕を栽培。収穫は11月下旬まで続き、今年は約41トンを出荷する予定だ。入賞者は、以下の通り(敬称略)

優勝 愛知県知事賞 池田武男(同市猿投町)

2位 豊田市長賞 梅村和也(同市乙部町)

3位 あいち豊田農業協同組合長賞 那須一德(同)

4位 愛知県果樹振興会長賞 加藤吉裕(同舞木町)

5位 愛知県経済農業協同組合連合会経営管理委員会長賞 梅村貞男(同市亀首町)

6位 JAあいち豊田梨部会長賞 山田正義(同市本徳町)