ニューストピックス

地元裸まつりで地元野菜の鍋提供/観光客に地元野菜の鍋提供/JAあいち豊田

2016.02.07

0207matuudaira_tenkasai001JAあいち豊田は2月7日、豊田市松平町にある松平東照宮で行われた裸まつり「天下祭」で、地元野菜を使った鍋料理を振る舞った。高さ180センチメートルの巨大な鍋で作る料理に多くの観光客が足を止め、温かい野菜の鍋を味わった。

これは地元産農産物のおいしさとJAをPRしようと毎年行っているもので、「戦陣鍋」の振る舞いとして祭の恒例イベントになっている。祭が行われる同町をエリアとするJA松平支店は、地域貢献活動「1支店1協同」として協力している。

この日は、同支店職員ら20人がボランティアとして参加し、約1,000人分を準備。直径130センチ・深さ180センチの大鍋を使い、地元の冬野菜を赤味噌でしっかり煮込んだ鍋料理を作った。

0207matuudaira_tenkasai002鍋からは上がる湯気と香りに誘われ、調理中から行列ができた。観光客は鍋の大きさに驚きながら、野菜の甘みたっぷりの鍋を味わっていた。観光客の1人は「毎年この鍋を楽しみにしている。寒い中で食べる温かい鍋は格別」と笑顔で話していた。