ニューストピックス

託児付き料理教室で地元野菜のおいしさ発信/おいしく作るひと手間に驚き/JAあいち豊田女性大学「ぷちプリ」

2016.07.12

20代~40代の女性を対象としたJAあいち豊田女性大学(愛称「ぷちプリ」)は7月12日、体験・料理教室「あぐりん」で地元産野菜を使った料理教室を開きました。「ぷちプリ」は、食と農を中心に月に1回講義を開いています。今月は地元野菜をおいしさと本格的な調理を学ぶため、8人が参加しました。

0712_sこの日は、夏野菜をふんだんに使った煮込み料理「ラタトゥイユ」とそれを使ったアレンジ料理を調理しました。講師のフランス料理のシェフ川合彰さんが、ミニトマト・ピーマン・ナス・パプリカなどの味を引き出す切り方や火の通し方もあわせて説明しました。参加者は協力しながら約2時間かけて料理を完成させました。調理中は、保育士などの資格を持つJA女性部員5人が子どもの託児を担当しました。料理が出来ると子どもと一緒に試食した。参加者の1人は「専門家の下ごしらえはとても丁寧で調理のコツは役に立った。調理の間、子どもを見てもらえるので助かる」と話していました。

写真=野菜を調理するコツを聞く参加者