ニューストピックス

手作りのケチャップ作り/JAあいち豊田女性部上郷支部

2012.07.29

JAあいち豊田女性部上郷支部の「なかよしグループ」は豊田市畝部西町にあるAコープうねべ店の料理教室で、ケチャップと焼肉のタレ作りを行った。
 この日は、同グループの6人が参加し同市四郷町にある豊田市農ライフ創生センターの受講生が栽培した加工用トマトを約20キログラム使用しケチャップ作りに挑戦。参加者はトマトを湯むきして種を取り除き、実をミキサーにかけ、1時間以上煮込んで水分を飛ばしながらケチャップを完成させた。参加者らは取り除いた種と皮を使ってトマトジュースも作った。また、並行して玉ねぎやリンゴ、にんにくなどを使った焼肉のタレを作り上げた。味を調えるため最後にこの日作ったケチャップも入れた。参加者の1人は「昨年に続いて今年も作った。自分たちで作ったケチャップは、さっぱりしているのにまろやかで、市販のものと味がぜんぜん違う。パスタやオムライスに使っている」などと話していた。
同JA女性部は8支部あり、部員は現在約1400人が登録。同JAと連携して料理教室や健康セミナー・カルチャー教室などを開き、部員相互の親ぼくと教養を高め社会的・経済的地位の向上を図っている。