ニューストピックス

甘み十分、出荷準備OK/秋採りスイートコーン目ぞろえ会/JAあいち豊田

2016.07.15

JAは7月15日、豊田市西町にあるJA本店で「秋採りスイートコーン目ぞろえ会」を開きました。栽培農家や豊田加茂農林水産事務所農業改良普及課、JA職員など合わせて21人が参加しました。今年のスイートコーンは温暖な気候にも恵まれ、生育は順調です。

0715_sこの日は、豊田加茂農林水産事務所農業改良普及課の西山彰宏専門員が今後の栽培管理について説明しました。JA営農指導課の山岡勝宏営農指導員がサンプルを使って生育状況や糖度の計測、出荷規格を確認しました。栽培農家からは収穫時期の目安とか害獣防除の方法などいろいろな質問が出され、活発に論議しました。山岡指導員は「スイートコーンは鮮度が大切。前日の取り置きは著しく鮮度が落ちるので絶対にしない。収穫は必ず早朝に、できれば日が昇る前にしてほしい」と話していました。

収穫・出荷は7月下旬から始まり10月末まで続きます。消費者からは地元産が少ない時期に甘いスイートコーンが購入できると好評です。

JAでは、2012年からスイートコーンを水田の転作作物の一つとして導入。連作障害も少なく、加工用トマトやソラマメの後作で畝をそのまま利用できるため、畑地が少ない中山間地域を中心に栽培の普及を進めています。

 

写真=スイートコーンの生育を確認する栽培農家