ニューストピックス

ふれあい、たすけあいの協同活動へ/女性部フェスティバル

2016.11.24

JAあいち豊田女性部は11月23日、JA本店ふれあいホールで「女性部フェスティバル」を開き、同部員ら347人が参加しました。

これは、各支部での活動を中心としている部員同士が全体での交流や活動の活性化を図るためのイベント。今回は、活動の舞台発表や作品展示などを通じて情報交換や親睦を深めています。

1123_jyoseiこの日は、同フェスティバルのために練習を重ねてきた舞台を支部ごとに発表。ステージ上は、歌に踊りに体操、そしてファッションショーとバラエティーに富み、各地区の活動状況をお互いに確かめ合いました。またメディカルケア院長の宮田トオル氏による記念講演「宮田式10歳若返り健康・美容法」も開かれました。講演は女性が最も関心を持つ話題をユーモアを交えて話したり、簡単な体操を観客と一緒にしながら楽しい雰囲気で進みました。JA柴田文志代表理事組合長は「JA改革が叫ばれる中、地域でのふれあい活動に力を入れることがJAにとって重要。女性部の活動はまさにそれに当たり、活発な活動に感謝したい。女性が元気ならJA、地域は元気になる。これからも楽しく活発な汗をかいてほしい」とあいさつしました。

同JA女性部は8支部あり、部員は現在1245人が登録。JAと連携して料理教室や健康セミナー・カルチャー教室などの活動を展開しています。

 

写真=活動発表をする部員たち