ニューストピックス

売りたい農家の勉強会/とよたアグリビジネス・業界まるわかりセミナー/豊田市農政課

2016.12.06

豊田市農政課は12月6日、同市高崎町にある豊田市公設地方卸売市場でとよたアグリビジネスフェスタ・売りたい農家の勉強会「業界まるわかりセミナー」を開き、JAあいち豊田青年部・「次世代の会」の児玉賢一さんがパネルディスカッションのパネラーとして参加しました。

これは、日本農業の輸出競争力強化など攻めの農業が大きく叫ばれる中、農家が単に農産物を生産するだけでなく、作った農産物をいかにして売るかを戦略的に考えていくために開かれました。

1206_sセミナーは市内の農家約80人が参加。飲食店や青果市場、スーパー青果売り場の現場から「こんな農家と契約したい・わたしたちが求める農産物」をテーマに5人がそれぞれの現場での思いを講演しました。また、「飲食店やスーパーに農産物を売るには」をテーマにしたパネルディスカッションに児玉さんを始め4人の若手農家が参加し、それぞれの取組みや考えを発表し議論しました。各パネラーは個人経営や農業法人の代表の立場から販路を広げる際の注意点などを話しました。

参加者の1人は「最近の農業情勢を考えると、ただ作って市場に出すだけでは不安になり、参加した。何にこだわりを持ち、それをどう発信していくかが大切だとわかった」と言っていました。

 

写真=パネルディスカッションに参加する農家