ニューストピックス

いざというときのために/地震体験・救命救急講習会/JAあいち豊田女性部三好支部

2016.12.13

1213_sJAあいち豊田女性部三好支部は12月13日、みよし市三好町にあるJA三好体験・料理教室「あぐりん」で地震体験・救命救急講習会を開き、同部員26人が参加しました。これは、今後起こりうる大地震に備え、身をもって体験することで危険意識を持ったり、地域で人が倒れたらどのように対応するべきかを学ぶために行われたものです。

この日は、尾三消防本部予防課の職員が自動体外式除細動器(AED)と心配蘇生法を組み合わせた一連の流れを説明した後、練習用のAEDを使い実践しました。また、地震時の揺れを体験できる起震車「なまず号」で地震の怖さを体験しました。部員らは「実際に救助が必要な場面に遭遇したら、今回の講習を想いだし勇気をもって行動したい」「実際に体験し想像していたよりも怖く、いざという時にとっさに動けるか不安になった。今後の対策など見つめ直す良いきっかけになった」と話していました。

同支部はJA女性部の8つあるうちの1つで現在243人が登録。JAと連携して料理教室や健康セミナー・カルチャー教室などを展開している。

 

写真=AEDを使い実践する部員