ニューストピックス

トヨタ自動車社員が親子で田植え体験/JAあいち豊田と農業生産法人が協力

2017.04.23

JAと農業生産法人「株式会社 中甲」は、4月23日、トヨタ自動車下山工場社員の親子134人が参加した田植え体験に協力しました。これは、同工場の社員交流を目的とした会である「HORYU(ほうりゅう)」下山支部の社員交流イベントで同工場近隣の豊田市堤町の田んぼで米「コシヒカリ」を植えた。同社からの呼びかけでJAが協力するのは今年で2回目となります。

0423_s参加者は、JAと法人の職員に苗の植え方を教わりながら、10アールの田んぼを泥だらけになりながら、約1時間かけて手作業で田植えをしました。

田植え後には、JA女性部が地元食材を調理した昼食で地産地食に舌づつみを打ちました。

同支部の櫻木康支部長(41)は「昨年に続き、今年も子どもたちのたくさんの笑顔が見れました。今年は田んぼが職場のすぐ近くのなので、通勤時に生育の様子を見るのが楽しみです。」と笑顔で語りました。

稲刈りは8月27日に行う予定で、それまで法人がほ場を管理します。

JAは、食農教育活動として管内各地で農業体験を開き、小学校の農業体験学習にも協力をしています。

 

写真:手作業での田植えをする参加者親子