ニューストピックス

活動後半に向け秋冬野菜の植え付けを行う/ちゃぐりんキッズクラブ秋冬野菜栽培体験/JAあいち豊田女性部

2012.09.01

JAあいち豊田女性部は9月1日、豊田市上原町の約10アールの「ちゃぐりん畑」で2012年度の「ちゃぐりんキッズクラブ」を開催し、同JA管内の11家族35人と同JA女性部員・JA職員が参加し、秋冬野菜の植え付けを行った。

これは同JA女性部が掲げる食育活動の一環で、同JA管内の親子を対象に同クラブの会員を募集し、農業体験と調理実習を通じて食と農の大切さと楽しさを学んでもらうもの。年間8回のカリキュラムで実習を行う予定。春から夏にかけての野菜の栽培および料理教室はすでに体験済みで、今回からは後半に向けて秋冬野菜作りに挑戦する。

この日会員らは、同JA農業振興部指導課の伴野洋明営農指導員の指導を受けながら、一家族が一畝を担当しダイコン・ホウレンソウの種まきやキャベツ・カリフラワー・ブロッコリーの植え付けを家族で協力しながら行った。同課の梅村逸次課長は「秋野菜はおいしいものがたくさんある。根が出るまでが大切なので、ぜひほ場にたくさん足を運んでほしい」と話していた。今後は同月29日に間引きや追肥作業、11月に収穫を行う予定だ。

同クラブは子どもたちに食と農の大切さと楽しさを知ってもらおうと9年前に発足。同JA農業振興部が同JA広報誌などを使って参加者を募り、今年度は12家族が参加し野菜作りを楽しんでいる。今後会員らは野菜の管理や収穫体験を行い年末まで活動する予定だ。