ニューストピックス

今年度から本格的に導入/スイートコーン巡回指導/JAあいち豊田

2012.09.07

JAあいち豊田は9月7日、同月下旬から出荷する抑制栽培スイートコーンのほ場巡回を行った。

これは、加工用トマトの後作として8月下旬に定植したスイートコーンのほ場を巡回したもの。スイートコーンは比較的軽量で連作障害も少なく、加工用トマトやソラマメの後作に畝をそのまま利用できる。さらに収穫後に葉や茎を土壌と混ぜることで土壌改良効果としても期待できることから昨年度から試験栽培をしており、今年度から中山間地の組合員に呼びかけ新規栽培者を募るなどして合わせて23人が本格的に栽培を始めている。

この日、同JAや愛知県豊田加茂農林水産事務所農業改良普及課の職員など合わせて3人が生産者のほ場10カ所を巡回し、定植後の生育を確認。側芽の状態や病害虫の発生状況を詳しく調べ今後の管理を指導した。この巡回に先だち、8月13日には同JAソラマメ部会の後作として7月下旬から8月上旬に定植したほ場などを巡回している。

今後は9月14日に目ぞろえ会を行い9月下旬から11月上旬に収穫。同JAの産直プラザやAコープでの販売を予定している。