ニューストピックス

中山間地に定着期待/大麦出荷開始/JAあいち豊田営農部

2017.06.15

JAあいち豊田営農部は、農家所得向上を目指し、中山間地域で「大麦」栽培の普及を進めています。JA職員による試験栽培を経て、昨年から出荷を開始。今年は、それまでの約5倍の33アールで大麦「カシマゴール」を栽培。5月下旬から収穫し、6月15日に検査。約900キログラムを出荷した。JAでは中山間地の新たな品目として定着を期待しています。

JA管内の中山間地域では、稲作が中心。高齢化や耕作放棄地などの課題もあります。JAは、水稲から転作でき、農業機械で作業ができる「大麦」に着目。販路を確保し、担い手農家を中心に栽培を呼びかけ、今作は農事組合法人ら2グループが栽培しました。

0615_s収穫した大麦は、生産者が乾燥しJAカントリーエレベーターで調製。検査員の資格を持つ5人のJA職員が検査。水分や容積重など調べ、品質は8割以上が1等となりました。JAあいち経済連を通じて、麦茶などの飲料水に加工される予定だ。初めて大麦を栽培した生産者の1人は「栽培はおおむね順調にいった。田植えと大麦の収穫が若干重なるが、大麦の導入は十分可能だ」と話しました。

JAでは今後、さらに栽培希望者を募り、栽培地域を増やす予定。中山間地域での水田経営モデル確立を目標に産地振興を図っていきます。

 

写真=大麦を検査するJA職員