ニューストピックス

コシヒカリ稲刈りスタート/販売は9月1日から/JAあいち豊田

2017.08.21

JA管内で8月20日、「コシヒカリ」の稲刈りが始まりました。今年は天候に恵まれ生育はおおむね順調、8月下旬に最盛期を迎える予定。9月1日より同JAグリーンセンターなどで新米「コシヒカリ」の販売を開始します。

0821_s収穫された米はカントリーエレベーターで乾燥した後、もみすりをして玄米となります。米の検査は、25日に実施する予定で検査後、JAではJAグリーンセンターなどに設置された「コメ米ショップ」で新米コシヒカリとして店頭に並ぶ予定です。

同JA管内では「コシヒカリ」を約800ヘクタールのほ場で栽培。強いうま味と粘りが特徴で香りやツヤ、炊き上がりの美しさ、食感などどれも優れており消費者に人気のある商品。同JAでは安全・安心な米を栽培するため、多くの生産者に減農薬栽培を推奨。JAと豊田加茂農林水産事務所が協力して「減農薬栽培こよみ」作成しています。また、栽培勉強会などを年に数回開催し、より高品質な米の栽培を生産者全体で取り組んでいます。

JA管内では「ミネアサヒ」が9月中旬から、「大地の風」が10月上旬から販売を開始する予定です。

写真=稲刈りが始まった農事組合法人「若竹」