ニューストピックス

農家の想い子ども達へ/米作りDVDを管内全小学校に贈呈/JAあいち豊田

2017.08.30

 

JAあいち豊田は、地域の特産品「米」が食卓にあがるまでの映像をまとめたDVDを作成しました。農家と協力し、様々な農作業を約2年間かけて撮影。農家の想いを子ども達に届け、農業理解と地産地消を進めます。小学校の稲刈り体験が始まる9月に、管内の全小学校85校に寄贈します。

JA管内は米作りの盛んな地域で、稲作体験をする小学校が多くあります。ごく一部の学校では、育苗から精米まで体験していますが、田植えと稲刈りだけの体験を行う学校もあります。米作りには様々な作業や農家の苦労がある事を知ってもらうため、JA合併15周年記念事業として作成し寄贈します。

DVDは約23分で、JAキャラクター「こめったくん」が分かりやすく解説。土づくりから出荷までに行う農家やJAの作業を説明しています。水田の多面的機能や、鳥獣被害や病害虫への対策なども盛り込みました。農家へのインタビューでは、JA青年部「次代の会」のメンバーが農業の魅力と地産地消を呼び掛けています。また、JAが取り組む環境保全米「赤とんぼ米」にもふれ、環境と農業の関係も説明しています。作成を担当したJA職員は「多くの組合員の協力で完成した映像を活用してほしい。地域農業を深く理解し、地元産米の消費拡大につなげたい」と話しています。

 0830米作りDVDを小学校へ寄贈

 

 

 

 

 

 

写真=管内の全小学校寄贈するお米ができるまでDVD