ニューストピックス

JA助け合いの会が介助犬育成に寄付

2017.11.10

JAあいち豊田助け合いの会「ふれあいの輪」は11月9日、長久手市にある介助犬訓練センター「シンシアの丘」を訪ね、同会の加藤岸子会長がイベントで集めた募金50,210円を介助犬育成・普及のため寄付しました。

同会はJAが10月29日に豊田市千石町の豊田スタジアムで開いたイベントで介助犬のために募金を実施。JA女性部と協力し、チャリティーで豚汁や地元産米のおにぎりを振る舞いました。また、介助犬のデモンストレーションも行い募金を募り、介助犬のために全額寄付しました。

介助犬は、特別な訓練を受け病気や事故などで手足に障害をもった方の生活の手助けをし、障がい者の自立と社会参加を手助けしてくれる大切なパートナー。認知度は低く、認定を受けた介助犬の数はわずか68頭というのが現実です。JAは今後も介助犬の育成・普及に協力していきます。

 1109助け合いの会介助犬寄付

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真=目録を渡す助け合いの会の加藤岸子会長(右)