ニューストピックス

JAにXマスがやってきた/農林生がエントランスにクリスマス装飾

2017.12.13

JAあいち豊田本店エントランスホールに飾られた、色とりどりの花を使ったクリスマス装飾が来店者の目を楽しませています。

これは、愛知県立猿投農林高等学校の環境デザイン科の生徒らが12月11日にJA本店エントラスホールをクリスマスの園芸装飾作品で彩ったもの。JAが組合員や利用者にクリスマスを楽しんでもらおうと同校に制作を依頼したもので今年で11回目となります。同校の造園デザインを学ぶ3年生8人と同校教諭2人が、約6時間かけて展示しました。

今年のテーマは「森の中のクリスマスパーティー」。デザインは生徒が1週間かけて考案し、同校農業科の生徒らが栽培してきたポインセチアやシクラメンで飾り付けています。また、JAらしさを取り入れるため、鉢で作った小人にトマトやナス、レタスなどの野菜をモチーフにした服を着ています。生徒の1人は「JAらしさを取り入れながら、見てもらう人に喜んでもらえる装飾をみんなで考えました。多くの人にクリスマス気分を楽しんでもらいたいです」と話していました。装飾は同25日まで展示されます。

 1211猿投農林クリスマス装飾

 

 

 

 

 

 

写真=エントランスを色鮮やかに彩るクリスマス装飾を行った農林生