ニューストピックス

介助犬の育成・普及支援活動/介助犬募金寄附/JAあいち豊田

2012.09.27

様々な地域貢献に取り組むJAあいち豊田は9月27日、長久手市にある介助犬総合訓練センター「シンシアの丘」を訪ね介助犬育成・普及のための募金を手渡した。

これは、同月13日に開催された同JA共済高額契約者感謝の会で介助犬のための募金を呼びかけ集まったもの。同会では、豊田市在住の山内稔さんが介助犬ティティーと壇上に上り、事故や病気で体が不自由になった人をサポートする介助犬について自分の体験談を交えて紹介した。

この日同センター「シンシアの丘」を訪問した同JAの柴田文志代表理事組合長と須賀伸人常務理事は、集まった募金211,132円を同センターの森田英守センター長へ寄附した。森田センター長は「山内さんは、以前は外出もほとんどしなかったが、介助犬との出会いによって彼は社会復帰ができた。大勢の人に介助犬について知ってもらい、育成に協力してほしい」と話していた。

同JAは、今後も介助犬の育成・普及支援活動に取り組み、地域に貢献するJAを目指している。