ニューストピックス

デラウェアの収穫ピーク/甘さ十分、着色良好/JAあいち豊田ぶどう部会高岡地区

2018.07.17

JAあいち豊田ぶどう部会高岡地区は「デラウェア」の出荷ピークを迎えています。今年は目立った病害虫の被害もなく、生育は順調です。糖度が19~21度と高く、甘みとほどよい酸味もあり着色も良好です。

7月17日は、豊田市中田町の同部会の久米英安部会長も朝6時から収穫作業に追われました。この日は、120~130キログラムのデラウェアを丁寧に収穫しました。久米部会長は「糖度も高くいいものができた。子どもから大人まで多くの人に食べてもらいたい」と話していました。今年は例年の倍以上の雨が降り、その後の急激な乾燥が続くなどの気候条件だったが順調に出荷が進んでいます。

同部会は豊田市高岡・猿投地区の18戸の農家が5.6ヘクタールで栽培しています。デラウェアの収穫・出荷作業は7月末まで続きます。その後、8月上旬からお盆前には巨峰の収穫がピークを迎え、8月末ごろまで出荷が続く予定です。デラウェアと巨峰合わせて約11トンの出荷を見込んでいます。

0717デラウェア収穫(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真=デラウェアを収穫する久米さん