ニューストピックス

総代に施設整備の内容を説明/JAあいち豊田

2018.09.21

JAあいち豊田は9月19日、豊田市高上町にあるJA高橋支店で「高橋地区施設整備における地元説明会」を開いて、高橋・御立地区の総代やJA職員ら45人が出席しました。施設の老朽化により同支店を建て替えすることが決まり、6月の定例理事会で施設整備の内容が決まったことを受けて、地元の総代に報告をしました。

この日は、同地区の新たな拠点となる複合施設を図面をふまえて説明しました。整備の内容や活用方法、建設スケジュールも詳しく話しました。新店舗のコンセプトは「人と人・農と食を通じた交流拠点」。くらしを支援する金融店舗を軸に、にぎわいを創出する組合員交流施設と地域特性を考慮し事業機能が発揮できる営農事務所の3つを配置します。総代からは「にぎわいがあり、みんなが集い寄り合って楽しむ支店づくりをしてほしい」「今後の見本となるようなJA施設にしてほしい」などの声が出ました。総合企画課の大橋克英課長は「組合員や地域住民が気軽に利用できる憩いの場になるよう、利用者の目線になり、くらしを支えられるよう取り組んでいきたい」と話しました。同施設は2019年1月より建設をはじめ、7月にオープンを迎える予定です。

 0919自治区説明会(1)

 

 

 

 

 

 

写真=整備内容を報告した地元説明会