ニューストピックス

遺族の思いを大切に/布団供養祭を初開催/株式会社JAあいち豊田サービス

2018.09.25

JAあいち豊田の子会社で葬祭事業を行う株式会社JAあいち豊田サービスは9月22日、豊田市上郷町のやすらぎホール上郷で布団供養祭を初めて開きました。

故人が生前使用した布団の処分に困るという遺族の声を受け、同社で葬儀を行ったお客様を対象にサービスを始めました。布団一組が安心して入るように、同社が用意した規定の袋2枚がついて価格は16200円(税込)です。2018年4月から約半年の募集で31件、40枚の供養依頼を受けました。集まった布団は同やすらぎホールで保管。聞名寺の住職が供養し、希望者には供養証明書を発行します。

供養という形で遺族の思いを守るサービスに、同社の志賀正康部長は「故人が生前愛用した布団や、介護等に使用したものなど思いはそれぞれ。処分に戸惑う利用者に、供養する場を設けて遺族の思いを守りたい」と話しました。

0922遺族の思いを大切に 布団供養祭を初開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真=布団の供養をする住職