ニューストピックス

組合員との対話強化/JAの取組み知って/JAあいち豊田

2018.10.03

JAあいち豊田は10月2日、豊田市八幡町のスカイホール豊田で広島大学小林元助教を講師に招き、組合員との対話強化の研修会を開きました。これまでのJA自己改革の成果を伝え、組合員とこれまで以上に活発な議論をして今後の事業を展開します。

研修では、JA自己改革と対話運動の進め方を講師が説明しました。職員が自分の言葉でJAの取組みを伝えることが大切だと話しました。経営企画部の早川信部長は「組合員との対話運動を通して、組合員とJAの関係強化につなげて欲しい」と話します。

JAあいち豊田では、2018年10月から組合員アンケートを実施します。自己改革への取組みを盛り込んだリーフレットを合わせて配布し、全職員で組合員との対話に取り組みます。

総合事業の強みを生かし組合員のためのJAとして、職員ひとりひとりがJA自己改革を実践していきます。

1002組合員との対話強化 JAの取組み知って(1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真=JA自己改革と対話強化を説明する小林助教