ニューストピックス

営農施設を集約し利便性向上/JAあいち豊田足助営農センター竣工式/JAあいち豊田

2018.12.12

JAあいち豊田は12月10日、豊田市足助町にある同JA足助営農施設整備工事竣工式を開きました。来賓や同JA役職員、工事関係者など39人が出席しました。足助地域の農業振興を発展するため、施設を集約し機能を発揮していきます。

この整備工事はJA足助営農センターの移転新築で組合員の利便性の向上と内部管理体制の強化が目的です。足助中部地区にある他の営農施設(農機センター、水稲育苗施設、精米施設、低温施設)に移転集約しました。移転先である旧足助中央給油所を有効活用し、センター内に足助ほっとコーナーと足助農機センターの事務所を併設します。今年の7月に着工し、鉄骨造平屋建で、床面積が148.85平方メートルの店舗です。

この日は、修祓の儀や玉串奉奠などの神事の後、同JAの柴田文志組合長が「営農施設を集約したことにより足助地域の営農をこれまで以上に力を入れ、総合事業として皆様の営農とくらしも支えていきたい」とあいさつしました。

今後は12月16日にグランドオープンする予定です。

写真=玉串奉奠する同JA柴田組合長