ニューストピックス

旬のハクサイをテレビでPR/JAあいち豊田

2018.11.28

JAあいち豊田猿投白菜部会は11月26日、東海テレビ放送の情報番組「スイッチ!」の取材を受けました。収穫最盛期を迎えるハクサイを、お笑いタレントのチャンカワイさんが旬の産地を訪ねて食材と料理を紹介する「わが街ご自慢めし!」のコーナーで紹介しました。

収録は、豊田市御船町にあるJA猿投白菜部会員の吉田清人さん(41)のほ場で行われました。猿投のハクサイの特徴や栽培の苦労など話しながら、収穫作業を体験しました。ほ場で収穫したてのハクサイを丸ごとかじり、試食したチャンカワイさんは「臭みやえぐみが一切なく、甘みがありとてもおいしい。栽培から収穫までの話を聞き、苦労して栽培されていることがよく分かり、より一層おいしく感じる」と話していました。収穫後は、収穫したてのハクサイを使った料理を2品調理し、旬のハクサイを堪能しました。この日の模様は、12月12日に放送する予定です。

同部会は13人の農家が所属し、合わせて9.2ヘクタールの畑で栽培します。ハクサイ「黄ごころ」「きらぼし」など黄芯系の品種を栽培しています。品種やは種時期を変えながら栽培することで、漬物用や鍋用など用途にあわせ味の良いものを作付する取り組みをしています。昨年は33670ケース(1ケース15キロ)出荷して、今年は約1300ケース多い、35000ケースを1月中旬まで出荷する予定です。

写真=収穫したハクサイの箱詰めを体験