ニューストピックス

157人が熱戦を通じてふれあいと親ぼく/JAあいち豊田年金友の会グラウンド・ゴルフ大会/JAあいち豊田金融部

2012.10.19

JAあいち豊田年金友の会は10月19日、豊田市川端町にある川端公園サッカー場で「第7回JAあいち豊田年金友の会グラウンド・ゴルフ大会」を開き、同JA管内各地区から同会会員157人が参加し、互いに親ぼくを深めながら熱戦を繰り広げた。

現在、同JA年金友の会の会員数は、29,696人(2011年度末現在)。年金をJAに振り込みしている組合員や利用者で構成し、「ふれあいと親ぼく」をモットーに同大会のほかに旅行やマレットゴルフ、ゲートボールなどの活動も行っている。

この日のグラウンド・ゴルフは、生涯スポーツのひとつで、ルールやプレイが簡単なことから高齢者を中心に人気が高いゴルフに似た日本生まれの競技。この大会も年々参加者が増えている。同会の倉橋正巳会長はあいさつで「常に健康を維持することが大切。皆さんにはこれからも元気に活躍していただきたい」と話していた。この日は参加者が32のグループに分かれて全16ホールを回る男女混合個人戦のストロークマッチで行われた。前日の雨でグランドのコンディションが万全ではない中、参加者から27人ホールインワン賞を出すなど白熱した試合展開の結果、入賞者は、以下の通り(敬称略・各賞2人ずつ)となった。

優勝 稲垣實(花園支部)石川道江(三好支部) 準優勝 成瀬孟司(足助支部)森正憲(駒場支部)3位 山田嘉久(三好南支部)中垣明(小原・上仁木支部)