ニューストピックス

こだわりの野菜を直売/3会場でJA軽トラ市/JAあいち豊田

2018.11.06

JAあいち豊田は11月4日、豊田市浄水町の豊田厚生病院で軽トラ市を開催しました。新鮮野菜を中心に手作りの加工品などを直接農家から買うことができるとあって、2000人を超える来場者でにぎわいを見せました。当JAの軽トラ市は今年で2年目で、9月から3会場で開催しました。

当JAの産直市場で販売している管内農家が主に出店しました。日頃、野菜を運ぶ軽トラックの荷台が販売台へと生まれ変わります。この日は66人の農家が早朝から準備しました。秋が旬のハクサイや柿などの季節ものや、ジネンジョやシイタケなどの地元特産品といった新鮮な野菜が果物が軽トラックの荷台に所狭しと積まれました。

名鉄浄水駅が隣接する病院という立地条件もあり、車以外で地元農産物を買い求める利用者も多く、来場者は2000人を超えました。農家生産者は、「こだわって作ってきた野菜の思いを、直接購入者に伝えられてうれしい」と話しました。3会場で出店した軽トラックは50台を超え、多くの人に地元農産物を購入してもらい農家所得の向上を目指しました。

1104こだわりの野菜を直売 3会場でJA軽トラ市(1)

写真=新鮮な野菜を両手いっぱい持って買い物を楽しむ利用者