ニューストピックス

地元ホテルが豊田のイチゴスイーツ提供/イチゴの魅力発信/JAあいち豊田いちご部会

2019.02.06

 JAあいち豊田いちご部会は豊田市岩倉町にあるホテルフォレスタヒルズで開催されている「ストロベリーフェア」にイチゴ「章姫」「紅ほっぺ」を提供しています。今回が初めての取り組みで、豊田産のイチゴをふんだんに使ったスイーツが2月1日から3月31日まで楽しめます。人気のイチゴで、新たな消費拡大を目指します。

 このフェアは地元の人に豊田のイチゴの魅力を発信したいと企画したもの。同ホテルは昨年の夏から地元の農産物を使用したフェアを始め地産地消に力を入れており、JAに相談し同フェアが実現しました。パフェやショートケーキ、サラダなどイチゴが引き立つよう工夫されたメニューを提供。また、5日間限定で30種類のイチゴスイーツを食べられる「ストロベリー デザート ビュッフェ」も開きます。同ホテル料飲事業部の風岡敏史さんは「とれたての豊田産イチゴを地元のみなさんに食べてもらいたい。今後も市内で採れたを生かしたフェアを続けていきたい」と話します。

 同部会は18人の農家が約2.5ヘクタールでイチゴを栽培しています。ハダニやアブラムシを捕食する天敵を増やして、防除効果を高めることで環境に優しい栽培をしています。

 

写真=豊田のイチゴを使ったイチゴスイーツ