ニューストピックス

地元の花を使ったフラワーアレンジメント/JAあいち豊田女性部

2019.03.15

 JAあいち豊田女性部松平支部は3月12日、同地域にある豊田市立松平こども園でフラワーアレンジメント教室を開きました。

 この日は、同支部の女性部員9人とこども園の年長2クラスが参加しました。カーネーションやカスミソウ、梅やスイセンといった季節の花を子どもたちは思い思いに竹の器へ生けました。完成した作品はその後行われた「ありがとうの会」で保護者へプレゼントして日頃の感謝の思いを伝えました。また、子どもたちから講師の部員に歌のプレゼントがあり、地域のつながりや温かさを感じる一幕もありました。

 部員らは前日から子どもたちが生けやすいよう、器の大きさに合わせて花を切り、一人分ずつ花をまとめるなど準備しました。当日使用した花もカーネーションやカスミソウなど一部の花を除いて、部員の自宅に咲いている花や近所に咲いていた花を持ち寄りました。花を生けた竹の器も部員の家族の手作りで、地元のものを利用することを大切にしています。

 同こども園の園長先生はこの活動について「地元の花を使って教えてくれるのはとてもありがたい。この経験を通して子どもたちが自然を身近に感じ、農への興味関心にもつながっていくとうれしい」と語りました。

 この活動は今年で2年目です。今後も地域とのつながりを大切に活動を進めていきます。

 

写真=子どもたちにコツを教える女性部員