ニューストピックス

豊田市で麦刈り始まる 少雨傾向に収量増期待/JAあいち豊田

2019.06.03

 豊田市南部の高岡地区で27日、麦の収穫が始まりました。順調に生育が進み収量増に農家の期待は高まっています。

 農業生産法人株式会社中甲は230㌶のほ場で麦を栽培。今年は少雨傾向が麦に幸いした。特には種の適期とされる「雨の少ない11月‐12月初旬の作業が徹底できた」と杉浦俊雄社長は振り返ります。早期収穫が可能な「イワイノダイチ」から始まり、主力品種「きぬあかり」、「ゆめあかり」まで作業は6月10日頃まで続く予定です。

 

写真=大型機械で麦刈りをする農業生産法人株式会社中甲