ニューストピックス

横綱白鵬らに日川白鳳や赤とんぼ米贈る/名古屋場所へ豊田産農産物で激励

2019.07.03

 JAあいち豊田・豊田市・豊田商工会議所は7月1日、大相撲名古屋場所に向け豊田市保見町のトヨタスポーツセンターに宿舎を構える宮城野部屋を訪ねました。同部屋所属の横綱白鵬関にちなみ、桃「日川白鳳」など豊田市産の旬の農産物を手渡し激励しました。

 この日は、JA柴田文志組合長をはじめ、太田稔彦豊田市長と三宅英臣商工会議所会頭が同部屋を訪問しました。現在、出荷のピークを迎えているJA桃部会が育てた桃「日川白鳳」25キロや、特別栽培米「赤とんぼ米」50キロ、JA猿投西瓜部会のスイカ10玉などを横綱白鵬関と宮城野親方に手渡しました。桃を手にした白鵬関は「桃は大好き」と話しました。

 JA柴田組合長は「この地域には、すばらしい農産物がたくさんある。たくさん食べて、名古屋場所を頑張ってほしい」と激励。親方は「地元農産物はありがたい。力士たちも力を発揮できると思う」と話しました。

写真=白鵬関に「赤とんぼ米」を手渡す柴田組合長